Liberty 55

一般大衆による政治考察
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
現状認識Α敍仔舛箚圭の重視】
 法を重視し、皆にそれを従わせることに公平性を強く意識する姿勢がある。
現状の問題点に対し次から次へと法律を追加し、それを強制させるという世界観のことなのだが、それはあまりに浅はかだと言わざるを得ない。

,修Δ任△辰討睨,鮗蕕蕕覆た佑砲箸辰討蓮△茲螢Ε淕のある社会になる
△錣兇錣脅蕕襪海箸魄媼韻垢詆要の無い人や場面に対し、かえって制限をかける
そんなことを遵守させるために人や予算が追加される

そもそも法律とは、多くの人々に事前に同意を得られなければ、実効力がないことが多い。そしてその様な法律を追加していくということは、返って法軽視な感覚を促進していくことは明らかだろう。
さらに、そういう感覚に汚染されない人々の場合でも、法遵守を強意識することとなり、それは法律に従って生きていればいい・・ という習性を身につけていくこととなる。

法律に従う人は、もともと法律を犯さない人がほとんどであり、法に従わない人は、法を強化してもかわすだけであろう。
そして法律を利用する人々は、そのまっとうでもない法律を新たな食い扶持として寄生する。

新自由主義的発想に基づけば(こんな世界観にも過剰な膨らみや行き過ぎがあるわけで)、このような法律強化の流れが引き続き進んでいけば、いずれ破綻することは目に見えている。度が過ぎれば破綻する。そしてその失敗から学んでいくということ。
しかし私たち個々には寿命があり、その様な生きづらい世界で人生のほとんどを費やしていかなければならなず、学問的帰結を待っていられない。

個人の行動の指針とは、道徳や慣習がベースなのである。そしてそれは、強制されてはならない。無意識に従う秩序こそがその社会の源泉であり、ところがこれは強要できないから、『法律というものは無いにこしたことはない大してまっとうでもないものだ』という認識が広まることを願うに留めるしかない。

『基本的人権の尊重』などと言われなくても、他人に対し、まずは敬意を持って接することをする人はいくらでもいる。ここで言いたいのは、例えばそういうことだ。
| 55政党 | 基本事項 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
現状認識ァ攀腸饑民主主義】
 マニュフェスト+二大政党制支持が拡大している。
基本姿勢´↓で述べたことをベースに考える場合、今のままではこの傾向が大変危険を含んでいると考えざるを得ない。

法政治は、各分野それぞれにこそ多くの諸問題を抱えており、政党が掲げる大枠の政策目標はごくごく一部でしかなく、また、国民の多くに理解を得られる内容とは、そのことではほとんど成し遂げられるもののないような極めて入口でしかないものであり、その政策が視野に入れているそもそもの問題点自体への配慮がほとんど払われていないであろう。

そしてこの傾向は、あたかもどちらかの意見に賛成し、その政策が支持されたかのような様相を呈するが・・ それは今述べた通り、政策と呼べるものではなく、にもかかわらず多数決でことが運ばれてしまう危険性を多く含んでおり、実務詳細レベルの権限や意志が強化されていくだけに他ならない。
つまり、政策で争うハズのものがただ単に官僚強化を促しているに過ぎない。

議会制民主主義とは、何を問題点とし、そしてどの問題点を優先して検討していくかが何より重要なことであり、同じ問題点を解決する上で、支持者や視点(つまり立場)が異なる者がそれぞれの意見を持ち寄って事を成すべきものであるだろう。

そういう意味において、一般市民の意見が反映されるべき事項とは、●何を問題点とするか ●どの問題点を優先するか に留めておくのがより良い考え方であるだろう。
| 55政党 | 基本事項 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | -
現状認識ぁ敲薪と格差】
 現状に日本において、格差拡大というのがまやかしであることへの認識は広まってきている。この問題の何よりの本質は少子高齢化に係っているものであることは疑いようが無い。

にもかかわらず、格差拡大を謳う人々が多く存在している。
この機会を利用しようと主導する人々に認識を改めさせることは難しいが、その様なことに無自覚に加担してしまっている人々に自覚を促さなければならない。

議論の向かう先は平等国家を目指すことになく、年功序列の恩恵にあやかった高給取りの割合自体が増してきていることにあり、まずはそこに向かわなければならない。
その様な層は、時代上たまたま得られたものを投資という形での蓄財に回し、引き続き自身の所有を増やして(守って)いる上に、今の世を自分達が作ってきた姿だと自覚できていないのである。

少なくとも日本においては、新自由主義と社会主義の対立などではなく、その様な高年代層とそれ以外の年齢層の対立だと捉え直した上でもろもろ検討していくのが最も現実に近いであろう。
| 55政党 | 基本事項 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
現状認識【善悪や正義】
 世界の恵まれない人々を救うことが、絶対善であるかのような発想が蔓延している。
飢餓に苦しむ親子がいたとして、確かに親は自分がその様な環境下にあることを防ぎようがないかもしれない。しかし、子供はそんな環境下にあることを分かっている親の意志で生まれてきたハズであり、その環境下で育てる責任を分かった上で存在していることを前提に考えなければならない。
そんな飢餓国よりも幾分ましだと思われる国家を考える場合、人々はそういう環境下にあるからこそ、生きるすべを学び、また受け継がれている生活様式や集団秩序などが存在している。
そこから飢餓国を想像すると、子供を生むことが自身の生きてく道具である可能性もあるだろう。

飢餓国への支援は、罪のない子供たちが自力で生きていけるための支援をすることに対して、かろうじて絶対善である可能性が残るのみで、基本的には“絶対”と呼べるほどの価値がないことが分かるだろう。
いくらかましな国家の場合、それは価値観の押し付けや文化的侵略の側面を含むものであり、当該国内にて過度に搾取している層がある場合に、それを非難することに留める程度で中立だろう。※積極的に支援する国家がある場合、それは自国への経済メリットを十二分に視野に入れた取り組みだろう。

恵まれない人々を救いたいのは、当人の生きがいであって、善行を人生のエッセンスに加えている行為であり、少なくとも絶対善と呼べるものではないだろう。
第一、本当にそれを良しとするならば、自国内にあっても致し方なく貧困にあえいでいる人々はおり、それを救うことも同じだけ価値があるハズである。

正義とは、現行ルールに則らなくてもいいと考えられる側面を一部抱えているだけの行動に用いられることが多いだろう。
大概どの様な行動にも、正義と捉えることが可能な側面を内包しているものだと考えておく必要がある。

社会に蔓延する善や正義とは、自身が自由主義な感覚に浸りきっているにもかかわらず自由主義を否定するような人々に、より支持され易いものであるだろうことを肝に銘じておかなければならない。
| 55政党 | 基本事項 | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
現状認識◆攷啓由主義】
 ここ1ヶ月で新自由主義の終焉を執拗に謳う方々が目に付く。金融破綻をいい機会に捉える方々の扇動により、思いがけずそのことに加担してしまっている人が多くいる。
それが自分の望んでいるハズの世界と大きく乖離していることに早く気がつかなければならない。

まず、日本においては、新自由主義の世と呼べるような社会は未だ到来していない。しかしながら、そことについてあまり考える必要(機会)のない多くの一般市民が、それぞれに持っている価値観や行動原則は自由主義的なものであることは疑いようがなく、あえて言うならば新自由主義寄りな個々の状況であるだろう。

しかしながら日本の国家運営は、あいかわらず統制国家及び計画国家であり、個人の財産権や自由が認められているにしても、社会主義国家に近いと捉えるのが妥当だろう。

世の中を冷静に観察するとき、規制強化など世論の主張の多くは、一概にあっているともいえないものばかりであり、それ以前に、その様な主張の多くは問題提起される現状の把握がまっとうでない。さらに、規制がむしろより望ましくない未来を連れて来ていることばかりだということは断言していいレベルだろう。
| 55政党 | 基本事項 | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
現状認識 攷契こγ畚】
ユダヤ陰謀やアメリカ帝国主義という捉え方がある。
それぞれのいち側面から考える場合、それらは間違っているとも言えない。しかし、それ以前に重要なことは、それらが指す組織のような統一意志を持つ権力は存在していないだろうということ。
世界から日本を見るとき、それは移民や外国資本を頑なに拒否する鉄の集団のように捉える人も少なくないだろう。しかし、私たち自身は、その様な一大組織に属している覚えは無いし、権力者層がその様な考えで一致しているわけでもない。
つまり、そういうものだろう。

ロシアと中国が個人の蓄財の自由を認めたことで、世界の多くは自由・平等・統一ルールでのビジネス尊重を重視する秩序が出来上がっている。そしてこれは同時に、平和を連れて来ていることに疑いようがなく、その統一価値観を広めることが何より正義であることを確信しているさまを新世界秩序だと捉えるベキだろう。

そしてそれは軍事や国防の在り方を大きく変えているものであるハズでであり、旧来の発想は完全に捨て去った上で考えを再構築しなければならないほど、劣化したものだと考えておかなければならない。

つまり、新世界秩序に賛同する国家が他国へ侵略をするという可能性に執着するすることを取り払わなければならないということを意味する。
| 55政党 | 基本事項 | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
基本姿勢【法律や政治というもの】
 【法律や政治というもの】

法律(つまり政治)とは、そもそも既に持っているものや約束されている未来を守るために為される性質であることを再確認しなければならないでしょう。

つまり、法政治とは、現時点で既に守るものを多く抱えている人に寄り添いやすい性質を持っており、また、そのような人ほど政治により関わる傾向が強いものであると考えておくべきです。

同じルールに則って社会が運営されている中で、さらに何かを守るために常に新しい法律が生まれてくるということは、それが例えディフェンシブなものであっても、社会から搾取しようとしていることと実質かわりません。そのような行動や意識がより一層強化されていくならば、その社会には未来がないことは明白でしょう。
法政治の基本的な性質を変えることはできないにしても、奪い合いと変わらないような姿勢よりは、今より未来が明るいと思えるところを落とし所として捉える姿勢が一番妥当な線であるでしょう。

また、法律とはそのようなものであることから、法遵守や法に従っていれば何をしてもいいかのような考え方が、まるっきり誉められたものではないことも明らかでしょう。
| 55政党 | 基本事項 | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) | -
基本姿勢◆擲慘鬚簀塾蓮
 【学歴や能力】
まず、学歴がその人の頭脳の優秀さや適職さを表していないということは明白でしょう。
ところが、高学歴な人こそが、そのことを自覚しているということを軽視している現状があると思います。彼らは、継続して取り組み続けることこそが高学歴を生むことを知っており、そうであっても1日の時間が皆に等しく限りがあることへの限界に対して差がつく部分に対し、かろうじて能力差という存在を認める程度でしょう。

つまり、学歴社会に対して、「それは能力ではない!」という批判をする方々は、その当人である高学歴者自身もそのことを自覚していることを考慮に入れた上で、再度多くを考え直さなければならないでしょう。
そして、その能力というもののチカラをいくらか認めるにしても、現実社会を冷静に観察したときに、その差が大きな影響力を持ってはいないことがすぐに分かることでしょう。

勉強に限らず、あるひとつの事に継続して取り組んできた方々への尊重や敬意を払い、まずはその意見に耳を傾けなければならないということです。
| 55政党 | 基本事項 | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
基本姿勢 效亮韻伴茲蠢箸澆箸隆愀検
当面の間は、各論に入る前の基本的な発想の仕方などについて述べて行きたいと思います。
 
【知識と取り組みとの関係】

ゴールや完成形のようなものがまずあって、それを目指していくというような姿勢を否定します。
変化(成長)し続けていく姿勢を第一に考え、そのような制度設計(ボディ)であることを最優先にすべきでしょう。

特に、政治に限定して考える場合、国家というものや社会セクションや法案などの完成形を各自が考え、その完成形の正しさを競うかのような姿勢自体が、そもそもの間違いでしょう。国家とは、いろいろな立場の人や各ジャンルに専門的に取り組んできた方々の集合体であり、それぞれが想定(確信)している答えを持ち寄って、さらにより良い答えを出すという姿勢が重要でしょう。
| 55政党 | 基本事項 | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ