Liberty 55

一般大衆による政治考察
<< 現状認識ァ攀腸饑民主主義】 | main | 私が信じる社会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
現状認識Α敍仔舛箚圭の重視】
 法を重視し、皆にそれを従わせることに公平性を強く意識する姿勢がある。
現状の問題点に対し次から次へと法律を追加し、それを強制させるという世界観のことなのだが、それはあまりに浅はかだと言わざるを得ない。

,修Δ任△辰討睨,鮗蕕蕕覆た佑砲箸辰討蓮△茲螢Ε淕のある社会になる
△錣兇錣脅蕕襪海箸魄媼韻垢詆要の無い人や場面に対し、かえって制限をかける
そんなことを遵守させるために人や予算が追加される

そもそも法律とは、多くの人々に事前に同意を得られなければ、実効力がないことが多い。そしてその様な法律を追加していくということは、返って法軽視な感覚を促進していくことは明らかだろう。
さらに、そういう感覚に汚染されない人々の場合でも、法遵守を強意識することとなり、それは法律に従って生きていればいい・・ という習性を身につけていくこととなる。

法律に従う人は、もともと法律を犯さない人がほとんどであり、法に従わない人は、法を強化してもかわすだけであろう。
そして法律を利用する人々は、そのまっとうでもない法律を新たな食い扶持として寄生する。

新自由主義的発想に基づけば(こんな世界観にも過剰な膨らみや行き過ぎがあるわけで)、このような法律強化の流れが引き続き進んでいけば、いずれ破綻することは目に見えている。度が過ぎれば破綻する。そしてその失敗から学んでいくということ。
しかし私たち個々には寿命があり、その様な生きづらい世界で人生のほとんどを費やしていかなければならなず、学問的帰結を待っていられない。

個人の行動の指針とは、道徳や慣習がベースなのである。そしてそれは、強制されてはならない。無意識に従う秩序こそがその社会の源泉であり、ところがこれは強要できないから、『法律というものは無いにこしたことはない大してまっとうでもないものだ』という認識が広まることを願うに留めるしかない。

『基本的人権の尊重』などと言われなくても、他人に対し、まずは敬意を持って接することをする人はいくらでもいる。ここで言いたいのは、例えばそういうことだ。
| 55政党 | 基本事項 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:45 | - | - | -









http://liberty55.jugem.jp/trackback/10
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ