Liberty 55

一般大衆による政治考察
<< 社会保障費は同世代間相互扶助が基本 | main | 法遵守の再考 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
税制の向かうべき方向
 法人税を廃止し、その分の多くを給与に回し、そしていくらかを株主に回して、個人への所得税・市民税を上げることが望ましいであろう。


【事由や根拠的なもの】
仝朕佑らの徴収は税収が安定する上、明快であり、効率が良い。
※そのことによって徴収効率を上げ、結果的に有効活用(配分)を目指す。
配当に回した利益も、個人からの徴収分としていくらか戻ってくる。
5詬真綵爐鮠紊欧襦
※税額が増えても、いくらか昇給できる部分を残すことは可能だろう。
に/佑僚蟶瀉呂茲蝓⊃佑住んでいる地域に税が集まり、再配分への配慮がいらない。
ニ/誉任鬚覆すにも関わらず、企業優遇策ではない。

【フォローが必要な部分】
配当重視の傾向や収益の最大化への要求をいくらか高めることが必要だろう。
企業運営や戦略的な内部留保と、社員個々の利益がせめぎ合える環境が必要。


何故このような提案をするのか・・。

それは、法人税重視は何より効率が悪いこと。そして国家における好不況の波を自身で増幅させてしまうこと。大規模に国内投資をする先がなくなり、企業の内部留保は海外へ向けられる時代なので、その流れは法人は強くなるが、元手の資金は国家には戻ってこない。人が住んでいる分に見合うだけ個人から回収してこなければならない。そして、多く稼いで多く払うことが、国民個々の政治への要求度が高まる。
法人及び法人化によって行っていた税金対策的消費が落ち込むことが予想されるが、それは本来であれば徴収対象所得だ。

今起きている問題点への解決策を追い求めるようなリアクション型の政治活動とは別に、やっておくべき事項を重視する姿勢も必要だろう。
| 55政党 | 税制 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:41 | - | - | -









http://liberty55.jugem.jp/trackback/13
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ