Liberty 55

一般大衆による政治考察
<< 税制の向かうべき方向 | main | 年金は 消費税+同世代間扶助 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
法遵守の再考
 ルールの公平性を過度に意識する近頃の傾向は、決して望ましいとは言えないものだろう。

法律とは、少ないことが望ましいのであって、自身で自身を制限するのにも、そもそもそれは何から何を守るために策定されたのか疑問が残ることも多い。

法律(行政適用)を強化したところで、守っていなかった人は引き続き守らない。(かわし続けるだけ。)こんな傾向は明らかだ。では、何故それでも法律を強化するのか?
個人の意識の方が重要なのは明らかだろう。


法遵守を声高に主張するような、実質法軽視な方々が実社会において軽視されるようにならなければならない。
若者一般や一般社員が望ましくない行動を選択することに対し、大人や上司が長期的視点や人生の先輩として諭し、指導するのが望ましい社会であって、現在の世は、あえていうならむしろその逆であろう。


そして一番重要な視点がある。
上記のように、法律を守る予定がないような人でなくとも、普通の人は平時ではなく非常時・緊急時になると状況が変わってくる。日ごろ至って“まとも”な人であっても状況が変わればよろしくない手段を選択することなどよくあることだ。そして、私たちはそのことをとても軽視している。
人は、非常時の行動で多くを判断されなければならない。
そして「犯行時は心神喪失・・・」など、そのことへの理解が為されていないことが大きく影響している。
これは差別や平等の考え方が練れていないことも関係しているが。

『目的のために手段を選ばないこと』 自体が問題であり、そのような行動を選択する傾向は、多くの人が内包している。つまりこのことからも、“非常時”を真剣に考えなければいけないという主張になる。
「非常時など、なってみなければ分からない!」と主張する人々がいるだろう、それはまったく人間理解の足りない理屈重視な発想であり、その様な人には判断を任せられないということになる。

最後に、冒頭の“ルールの公平性”への補足だが、その発想自体は重要視する程ではないというだけで、そのことが何かの震源地となるほどのものでもないというだけの扱いと考えるべきだろう。
ルール自体は元々皆に等しくあるのである。これは運営及び行政上の人間性に係る話しだ。
| 55政党 | 秩序 | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:22 | - | - | -









http://liberty55.jugem.jp/trackback/14
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ